アドバンス英文校正のサービス | 英文校正エナゴ | 英語の文法に加えて論文全体の構造や論旨もチェックする高品質の学術論文校正サービス英文校正・校閲エナゴのプラン

スマートパックに含まれていますフルパックに含まれていますアドバンス英文校正

0

英文添削に一歩踏み込んだ構造チェックを加え、論文に明瞭な論旨と流れを与えます
英語論文の文法ミスや専門用語のチェック・修正にとどまらず、論旨の展開や内容の妥当性にまで踏み込み分析し、より説得力のある英文を提案します。分野の専門家である校正者が論文としての英文の構成もチェックし、論文全体の質を高める高品質な学術論文校正プランです。

Category:

Description

アドバンス英文校正だけのチェックポイント!
論文の構造 論旨の展開
言語(表現、文法など) 専門性 学術論文特有の言い回し 学術論文に適した文体 投稿規程に合わせたフォーマット調整

お客様にご提出いただくものとサービス概要

論文をご提出ください。
エナゴでは、1本の論文に必ず2名の校正者を起用します。
分野の専門家である校正者が論文としての英文の構成もチェックし、論文全体の質を高める高品質な学術論文校正プランです。

アドバンス英文校正のサンプルを見る

アドバンス英文校正の特長

必ず専門家2名による校正を行います

エナゴでは、1本の論文に必ず2名の校正者を起用します。まず最初に、専門分野を熟知した英文校正者が、専門分野の観点から校正を行います。次に、学術英語のライティングに習熟した校正者が、 言語面からチェックし、洗練された英文にブラッシュアップします。

2名で行うことにより、見落としやミスのリスクのない、正確な英文校正を行うことができます。

必ず分野の一致する専門家が担当します

英文校正のクオリティは、「専門分野に合致した校正者を起用できるか」という点が鍵となります。

エナゴでは、専門分野を医歯薬学系、生物学・農学系、物理・化学・工学系、経済学・ビジネス系、人文社会学系の5カテゴリーに分けた後、さらに大分類・中分類・小分類の3層構造で管理しています。

ご依頼原稿に最も近い「小分類」で合致する英文校正者を起用することで、高品質な英文校正を行うことができ、質の高い原稿へと仕上がります。

英語の質が理由でリジェクトにはさせません

エナゴでアドバンス英文校正を受けた論文が、「英語の質」を理由にジャーナルからリジェクトされないことを保証します。

プロによる高度な英文添削で、論文の英語を簡潔で適切な学術英語表現にブラッシュアップします。論文らしい言い回しを使い、時に大幅な論旨の組み替えも提案し、論文の内容や論旨をより明確にします。論文の掲載可否は研究内容の質にも依存しますが、正確かつ高度な英文校正による言語面からのサポートを行うことで、アクセプトの可能性を高めます。

お客様の声

お客様の声をもっとみる

よくあるご質問

お客様より頻繁にいただく質問をリストにまとめました。このほかにもご質問があれば、publish@enago.comへお問い合わせください。担当者よりお答えいたします。

エナゴの英文校正の最大の特徴は、「専門分野のエキスパート」と「アカデミックライティングの専門家」の英語ネイティブ2人が英文添削を担当する、「ダブルチェック体制」です。学術的な内容をしっかり把握したうえで、完璧な英語の原稿を仕上げるので、高品質をお約束できます。
英文校正作業で、校正者がチェックするポイントが違います。「アドバンス英文校正サービス」では、言語だけでなく、論理の流れや構成もチェックし、英語論文の内容を読者に無理なくしっかり理解してもらえるよう、修正・編集作業も行います。「ノーマル英文校正サービス」では、英語の正確さと表現の適切さを重視して校正をします。英文校正サービス比較表を見る
英文校正者全員が英語のネイティブスピーカーで、博士号・修士号の取得者です。英文校正歴は平均20年を超え、現役の研究者、ジャーナルの査読者、経済ジャーナリストなど、校正の専門分野に深く関わっている校正者ぞろいです。エナゴの英文校正者についてもっと見る
すべての英文校正サービスにフォーマットの無料サービスが含まれております。また、フォーマットの調整のみのサービスもあります。
英文校正サービスは、あくまでも英文の質や精度を向上させるサービスなので、学術研究の良し悪しの見極めや、研究そのもののお手伝いはできません。英語の質に関しては、校正品質保証をし、英文校正証明書の無料発行も行っています。
はい。取り扱っています。納品原稿のファイル形式は、TeXまたはMSワードの2種類からお選びいただけます。TeX納品の「ダイレクトTeX英文校正」では、完成原稿と校正箇所を赤ペンで記したPDFファイルの2つを納品します。MSワード納品では、MSワードの変更履歴機能を使って英文校正をします。 TeXファイル校正についてもっと見る
弊社で作成したオリジナル専用ソフトウェアで単語数をカウントしています。ソフトウェアでは、数えることのできない画像形式のようなファイルの場合、弊社のスタッフが手作業にてカウントします。
 
319